然りとて無謀\(^o^)/

斉藤壮馬さんのオタクです。オタクだけど旅行もすき。でもお金はない。オタクだから。日々の推しごとと旅の備忘録!

斉藤壮馬『デート』先行視聴会めも

f:id:majidamepo:20180519004210j:image

 

壮馬さん27歳のお誕生日おめでとうございますー!

記念すべき本日、斉藤壮馬3rdシングル『デート』の先行視聴会に行ってきました。

 

まずはじめに、、

絶対外れたと思ってた。

 

 メイトの当落が出た日にメールが来なくて、一時は本当に、きらいになりそうなくらいくらい落ち込みました。ご本人、当落に関係ないのに理不尽だけど、だって少なくともメイトは絶対当たるだろうって思ってたんだもの。

だけどその週末、やるせない気分で向かった朗読劇『舞姫事件』でやっぱ好きなんだと再認識し、たとえデート()できなくてもこれからも応援しよう決めました。本当オタクってチョロい。

兎にも角にも、週末2日間で完全に吹っ切れてはいたのですが、さらに2日後、4月17日(火)にアニプレックスから2部の当選メールが来ました。ありがとうアニプレさん…!

聞いたところによるとソニーミュージックの当落はさらに翌日だったとか…

さすがに地方勢に不親切ですね。せめて落選通知をしてほしい。みんな等しくお金を払って購入してるんだから!

それから、さすがにリリイベ(正確には先行視聴会だけど)はもう少しキャパ広いとこ

ろでやってほしいです。

神谷さんの追っかけをしていた頃は、サイエンスホールですら狭すぎるとブチ切れていたけど、さすがに150席以下は、ない。こんなのリリイベじゃない…

今回のイベントは「第一弾」と銘打っていたので、第二弾があると信じて、キャパシティについてはご一考くださいと申し上げておきたいです。


で、当日。

まずはおなじみ、構成作家の浅野さんから諸注意などのアナウンスがあり、いよいよ本日の主役、壮馬さんのご登壇!

わーい!天使だ!天使が現れたよ!

 

壮馬さん、お誕生日までオタクと過ごすなんてきっと嫌だろうな~と思っていたけど、そんなそぶりは微塵も見せず、むしろ誕生日にこうしてイベントができるなんて嬉しいと言ってくださって、、本当に、もう、神なのかな?


以下、トークネタをかいつまんで。

 

・冒頭でとにかく下野さんの話

まずはじめに、今日は何の日かというと……下野さんのお誕生日の翌日です!という浅野さんのにぎやかし。

オイオイで終わるのかと思いきや、なぜかそこから下野さんトークが広がって、肌がお綺麗だとか、化粧水何使ってるんだろうとか、以前聞けそうで聞けなかったとか、わかったらファンレターで教えてとか、そんなに気になるならご本人に聞けよ! というw

ちなみに声優業界は、4/22が壮馬さん、5/22が江口くん、6/22がおのゆーの誕生日な

んだそう。

 

・デートの歌詞は体験談ではない

いよいよ曲を聞きます。

先行上映だけのオリジナル前フリ『ふふーん、それじゃ行きますか、デート!』というあま~い(違)セリフがついてからのインスト。

壮馬さんが自宅でデモを録ったとき、いきなり歌い出すのもなんだからこんなふうにセリフ入れてから弾き始めたらしいのだけど、それを聴いたプロデューサーさんが気に入って、このセリフも録っておくことになったそう。

このイベントで使うことは前日急に連絡がきて決まったそうで、正真正銘この場限りの音声だそうです。なむなむー。


で、問題の曲。

歌詞の冒頭が「終電間際の高田馬場で君と出会った~」って始まるんですけど…

あれ、これ斉藤壮馬経験談なんじゃね?

って思いますよね、誰だって(わたしは思った)。

浅野さんを含めいろんな人に指摘されたのか、ご本人の口から「体験談ではない」と公式発表があったんですが、とはいえ、ねえ…?

ちなみに余談ですが、年明け早々のリジェフェスで山手線の駅名を言うゲーム(正確には違うけどw)をやってて、壮馬さんが「高田馬場」って回答してたんですよね。

そのときは学歴アピール乙って思ったんですが、今考えるとこの曲の仕込みしてた時期だったんだろうな~と。うわー、アセンションしそうー(棒)


・実際アセンションはしてた

仲のよい友人に壮馬さんの新曲が『デート』っていうんだって話をしたとき、半笑いで「どうせ最後はふたりでアセンションするんでしょ?」って言われたんですが…

わりと序盤でしてた。開始早々アセンションだった。

そんな感じで斉藤壮馬節全開といいますか、歌詞のところどころに彼らしいエッセンスが含まれていて(韻踏んでたりね!)、壮馬さんが散々言っていた「可愛くて毒のある曲」って、こういうことだったか~と思った次第です。


・カップリングは中二病

2曲目に収録される『レミニセンス』も聞かせてもらいましたが、こちらは打って変わってゴリゴリのバンドサウンド。ご本人いわく、20歳くらいのときに作詞した曲らしいのですが、20歳の若者の語彙にレミニセンスというワードが存在していることがすごいよ…

わたしはこの日はじめて知ったけど、記憶した直後ではなく、ある程度時間がたったあとのほうがより記憶を想起できることをレミニセンスと言うらしいです。

英単語全然覚えらんなくても、一晩寝たら意外と覚えてたっていうアレですね。

お察しの通り歌詞には中二…かっこいいワードが散りばめられているわけですが、当初はこの曲を表題にパッケージ化するつもりだったそうです。

(こっちが表題曲だったら、MVでは廃墟で雨に打たれてたよね~って冗談混じりにお話してたけど、本当デートが表題曲でよかった。)

イントロの段階できらみゅだったらかっきーが歌いそうな曲って思ったんだけど、歌い方もとても柿原徹也でした。早く柿クラの友人に聴かせたい。

 

・相変わらずの機械オンチ

自宅で音を録るとき、オーディオインターフェースを繋げられなくてプロデューサーに家まで来てもらったというエピソードも。

プロデューサーさんとは歳も近くて、飲んでるうちに仲良くなったそうなんですが、壮馬さんってお酒飲むと本当距離感おかしくなるんですね〜。

ちなみに、その日はプロデューサーさんのギターに合わせて歌ったりしているうちに夜が更けたらしいです。貞操観念低すぎか。

 

・雑なまとめ

色々しんどいのでたぶんそのうち加筆しますが、とにかく新曲は、わたしがイメージしてたものよりずっとキャチーでフットワークが軽めでした。

ご本人の作詞・作曲だけに、壮馬さんの価値観が直に反映されてるんだと思いますが、会って、ボーリングして、飲んで、意気投合しちゃったしこのまま海行っちゃう?みたいな。

正直、アイナナ天くんのソロ曲みたいな、しっかりつくりこまれたデート曲を想像してたんですが、こっちのほうがずーーっといい。

メロディもすんなり耳に入ってくるし、それこそ夏のドライブにも合いそうな爽やかな仕上がり。友人には、曲調だけはロンハーマンだぜって言いました(すっとぼけ)。

だけどよくよく聴くと、ノリのいいデートの裏にどこか影がある、よくも悪くも人に執着しないという壮馬さんらしい曲だなと思います。早く友人たちに布教したい。

 

MVにジャケットにと、これからの楽しみもいっぱいですね。今年もアツい夏になりそうです。

ダメプリ先行上映 壮馬さんの挙動めも

 

TVアニメ ダメプリ先行上映イベント(1部)

斉藤壮馬さんの挙動めも
(先行で上映した本編の内容には触れていません)


OP主題歌が流れて、戸惑いがちに入場してくるキャストのおふたり。

 

『始まるの唐突過ぎなんだけど!』

↑壮馬さんの第一声コレ。
どうやら入場時のボケを企てていたらしく、再度入場からやりなおすことに。

『入ってきたところからやりますので、さも、今入ってきたかのようなリアクションとってくださいね〜』

一度扉の向こうに引っ込んで、武内くんとヒソヒソ声で『じゃあ、いくよ?いい?』ってやってる壮馬さん尊い〜〜

 

再度OPが流れるも、またもグダグダな雰囲気に。

客席「???」

『そっか曲かかっちゃうんだね〜。だけどめげずにやってみよっか』

 

♪ お昼休みはウキウキウォッチ〜

歌い出すおふたり。なるほどそれをやりたかったのね。アルタだけにね。
壮馬さんの『てれてってってー!フォー!』がひたすらに可愛くて本編始まる前に召されそうになりました。

 

そんな茶番がありつつおふたりがステージにご登壇。近い!!!

壮馬さんのお洋服、プロアニ先行上映のときとインナーが違うだけでは…??

ロングテールの白シャツにテーパードパンツ。今日はインナーがストライプでした。
一方、全身黒ずくめの武内くん。そんな武内くんに『殺し屋みたい!』とか『コートの下になんか隠し持ってそう!』とか突っ込んでる壮馬さん可愛いかよ…
中二病可愛いかよ…

 

ここで自己紹介と作品ほ概要紹介があり、いよいよ本編の上映へ。

『声出しOKなので面白かったら…というか、面白くなくても出来るだけ笑ってほしい! 笑っとけば面白くなってくるから』
↑いい言葉ですね。

 

武内さんも、『1話かなり面白いと思う』と太鼓判。すかさず壮馬さんが『正直、勝っちゃいましたねコレ』と被せますが、何に? 誰に…??笑

 

それと武内さんが発言する度に『いい声だね〜』と乗せまくる壮馬さんの先輩感グッときました…! 後輩いじってる壮馬さんもよき…

しかし楽屋では、今日は壮馬さんをいじっていいぞという打ち合わせがあったそう。なんだそれ! もう、本当に、可愛いかよ…(涙)

 

『キャストを含め、全員が真面目に遊ぶということを全力でやってます。1話はとにかくあの男が……Kがね。Kが台本に書いてないことばっかやるんだ』

K…もとい石川界人くん。アドリブ入れまくるくせに台本のセリフはトチるんだそう。

 

そして、個人的に好きだった1話上映へのフリが以下。
『みなさんも今年1年楽しかったこと、悲しかったこと、悔しかったこと、蹴りたい背中などを思い返しながらご覧頂けたらと思います』
唐突に綿矢りさ混ぜてくる壮馬さんすき。

 

今度こそ本当に上映。本編前にBREAKERZからのオーディオコメントありました。
本編は…控えめに言って石川界人祭りでした。

 

上映後、まさかの台本を忘れて手ぶらで登壇するおふたり。

『あ! ちょっと待って…俺たち台本持ってきてなくね!?』

楽屋でどんだけまったりしてたんよと言うツッコミはさておき、トーク後半戦。以下心に残っているポイントです。

 

・ 梅ちゃんが花輪くん

梅原さんアフレコの回数を重ねるごとに花輪くんみが増していき、前日のダメプリ関係の録りもの(何だったんだろう?)でも『ちょっと花輪くんなんで…』というNGを出したそう。

 

・王妃が可愛い

イナコの王妃が『好きぃーーーー↑↑』なんだそう。武内さん曰く、能登さん愛が溢れすぎてるそうで……わかりみ。

1話も相当面白かったのですが、これからどんどん上がっていくとのことなので、楽しみにしています。


・収録が大喜利大会

現在アフレコも継続中らしいのですが、最新の収録時はいかに面白く、かつ使ってもらえるアドリブを入れられるかの大喜利大会だったそうです。

『リュゼは「K点超えです!」って言ったらNGでした。世界観がオリンピックになっちゃうって。でも笑いはとったよね』
自分のアドリブをドヤ顔で話す壮馬さん尊いね……


・共演者に雑に扱われるK

アフレコ現場ではブース内の座位置もだいたい決まってきているようで、界人くんはいつも寂しそうにしているそうです。グリ丸を抱きしめながら。

矢作ちゃんは界人くんをナレクだと思っている節があるらしく、どんどん扱いが雑になってきているそうです。


・収録スタジオで人参を育ててる

ブース内に「テオの畑」があり、人参や大根を育てているとのこと。イベント前日に第1回のラジオ収録があり、人参を収穫してグラッセにして食べたそう!

そしてすかさず壮馬さんが一言、

『テオの人参、美味しかったよ(意味深)』

※括弧内はニュアンスであり、事実とこのなる場合がございます。


・1月3日は壮馬さんと界人くんが1.5時間MXに映り続ける

22:30〜はダメプリ特番、23時からのそま君のゲストも界人さんということで、お二人がありMXを独占です。嬉しい〜〜!!

武内さんに「石川さんのこと好きすぎじゃないか」と突っ込まれると、『いや、営業ですよ』と即答w

そういうツン! みたいな態度がオタクを喜ばせるってわかって言ってるのズルい〜〜〜とんだ営業マンですね、彼。

そのあとちゃんと芝居は好きってフォローしてました。照れながら。

そんなお二人のラジオの放送も3日からに決定したとのことで、年明け3日はお祭りですね!!

 

そーんな感じで、終始壮馬さんのフリーダムな感じは現在でしたが、やっぱり後輩と二人でのイベントということもあってか、要所要所でイニシアチブとる感じがまた素敵でした。

若いのにおしゃべりも上手で感心させられますね。

 

以上、とっ散らかってますがとりあえず備忘録として。

 

 

★1/4 追記

壮馬さん、千鳥の「クセが凄ィ〜」のイントネーションを濫用してたんですが、3日に放送したダメプリ特番でも使ってましたね! マイブームかな! かわいい!!

 

旧中央本線の廃トンネル(長野県塩尻市)

撮影:2017年5月上旬

木曽路巡りの最後に立ち寄ったのがこの廃トンネルです。

中央本線 藪原駅奈良井駅間の旧線で、鳥居峠を貫くトンネル。wikiによると1969年(昭和44年)まで使用されていたとのことでした。

内部もかなりレンガが崩れていたため、さすがに奥へ進むのは憚られましたが…

ちなみにこれらは、奈良井駅側(塩尻市側)の写真です。
現在の国道19号線のトンネルの出口のすぐ脇に、ひっそりと佇んでいらっしゃいました。

那智の滝(和歌山県那智勝浦町)


撮影:2017年3月上旬


ついに念願だった那智の滝へ行ってきました。

子供の頃、東急ハンズのポストカード売り場でその存在を知って、それからずーっと恋焦がれていたこの滝。
今回Free!聖地巡礼鳥取へ行く計画を思いついたとき、せっかく関西へ行くなら那智の滝も見たいなと(わたしの脳内では鳥取和歌山県もみんな関西)あまりにも軽率に決めたため行程に苦労しましたが…

だけどそんな苦労もひとしお、この圧倒的な存在感!!

(もうちょっと水量あれば良かったとか全然思ってないんだから)

以前、長野県の米子大瀑布へ行ったときも思ったのですが、落差のある滝は水が風にそよぐように揺れるのが美しいですね。

せっかくなので熊野古道の雰囲気も載せておきます。

わたしは滝に到着するまでにはできるだけ苦労をしたいドM人間なので、往路は徒歩で登りました。
那智駅から写真を撮りながらのんびり歩いて2時間30分ほど。駅を出てしばらくは一般道ですが、途中から本格的な山道に入り終盤は写真のような石畳が続きます。

この石畳を見ると、ザ・熊野古道って感じしますよね!!

余談ですが、最後にお参りした熊野那智大社

こちらで、当落が間近に控えていた映画(黒子のバスケ)の初日舞台挨拶の当選祈願をしたところ、当選祭りでした!
ありがとう那智の神様。いつかきっと、お礼参りに伺います!

工場夜景(神奈川県川崎市)

冬の醍醐味と言えば夜景撮影。と、誰かが言ってたいた気がします。
イルミネーションやライトアップスポットも増えますし、空気が澄んでいるので夜景が綺麗に撮れるということでしょうか。

ご多分に漏れず、わたしも夜景を撮りに行くのにはまっております。それもただの夜景ではございません。

工場夜景でございます

こちらが先日撮影した川崎の工場。工場の無骨な雰囲気、たまりません……!

濃紺の空にたなびく蒸気とか、時折響き渡るボイラーの音とか…
これまじ何時間でもいられる!!

こういう何気ないパイプとかも画になるから不思議。
その上、日没から数時間しかこの美しさを眺めることができないって有限感がまた胸を熱くさせますよね。

工場夜景、この冬のマイブームでした。



今回撮影したのはこの辺りです

都営地下鉄500円きっぷで遊んできた

季節ごとに期間限定で発売される都営地下鉄ワンデーパス。大人500円、小児250円で都営地下鉄が1日乗り放題になるきっぷです(東京メトロには乗れません)。

わたしはこれまでに数回このきっぷを購入していますが、いずれも地下鉄での移動が多い日に少しでも得をするために使っていただけで、意図してこのきっぷで遊びに出たのは今回が初めてです。

さて、今回は友人のN氏とまずは都営大江戸線月島駅で待ち合わせをしました。もちろんもんじゃを食べるためです。

今回使用した都営地下鉄ワンデーパスを含む地下鉄の一日乗車券は、沿線の様々施設でお得なサービスが受けられます。

例えば入館料が割引になったり、豪華(?)特典がもらえたり……。

月島のもんじゃストリートも例にもれず、提携店50店舗以上で10%オフの特典が得られるのです!
オーダーの時に乗車券を見せるだけでOKなので、ぜひ試してみてくださいね!

こうしてもんじゃ屋を2件ハシゴし、デザートにもうちょい炭水化物食べたくね?……ってことでメロンパンを購入。

次の目的地は清澄白河です。

清澄白河は、元々はこれといった特長のない下町だったようですが、最近ではオシャレなカフェの街として注目されていますよね!

しかし、オシャレとは無縁な私たちが訪れたのは言わずと知れた清澄庭園。前述のきっぷを提示して、ここでも入園料が150→120円になる特典を受けられました。

ゆったりとした時間が流れる中、日本庭園の静かな雰囲気を味わいつつリラックス……。
しかし、実はこの日、東京は記録的な大寒波に襲われたその日であり、あまり長居をすることもできず早々に庭園を後にするのでした。

気を取り直して次に向かったのは、同じく清澄白河にある深川江戸資料館。
ここは江戸時代の深川の街を再現した体験型の展示が魅力で、この日も老若男女で賑わっていました。

確かにこれは圧巻…!!!

八百屋や米屋、旅籠などなど江戸の長屋が見事に再現されていて、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのよう!

そして年甲斐もなくままごと遊びに興じる22歳。

ちなみに、ここでも入館料の割引が適応され、通常400円のところを300円で入館させてもらいました。恐るべきワンデーパス!

すっかりはしゃいで小腹が空いたところで、我々は上野御徒町へと移動し、わたしの大好きな和菓子屋、つる瀬さんでぜんざいを頂きました。
わたしはお土産に、銘菓ふく梅も購入!

こうして本日最後のイベント、スケートをしにとしまえんへ向かいます。
到着した頃にはいい感じに日も落ちて、近年力を入れているというイルミネーションも綺麗に見ることができました。

さてさて!
ただでさえお得な都営地下鉄ワンデーパスですが、この他にももっとたくさんの特典がありますので、気になった方は『ちかとく』サイトやアプリをのぞいてみてください。

http://chikatoku.enjoytokyo.jp/phones/

なお、これらの特典は都営地下鉄ワンデーパスだけでなく、東京メトロ東京地下鉄の様々な一日乗車券で同様に受けることができます。

東京を観光するには断然お得なきっぷですので、ぜひ有効活用してくださいね!

2015年現場まとめ

 

年に一度の恒例行事。

月に一度は推しに会いたい。今ではそんなスタンスです。昨年までは会場まで記録していたけど、すんごく面倒なのでいつか気が向いたら加筆します。

 

 

1月

 /3   2015 新春ジャニーズワールド

 /11  Kiramune Fan Meeting in TAKAMATSU

2月

 /1   Go→Go! LoveLive! 2015 Dream Sensation! (LV)

3月

 /21  Anime Japan 2015 (ここさけ/DR!!)

 /29  Sexy Power Tour 2部

4月

5月

 /8   ジャニーズ銀座 2015

 /9   Kiramune music festival 2015

 /10  Kiramune music festival 2015

 /21  地獄のオルフェウス

 /30  デュラララ!!『私の心は鍋模様』初日舞台挨拶

 /31  地獄のオルフェウス

6月

 /1   ハンガー・ゲーム FINAL 初日舞台挨拶

7月

 /11  MASOCHSTIC ONO BAND LIVE TOUR 2015

 /12  MASOCHSTIC ONO BAND LIVE TOUR 2015

 /19  Kiramune Fan Meeting in SENDAI 昼の部

 /19  Kiramune Fan Meeting in SENDAI 夜の部

 /25  ガムシャラ!サマーステーション 夜の部

8月

 /8   ノラガミ ARAGOTO -日比谷ノ杜祭- 夜の部

 /15  ガムシャラ!サマーステーション 夜の部

 /18  ラジレンまつり2015

9月

 /5   神谷浩史 1st Live "ハレヨン→5&6"

 /6   神谷浩史 1st Live "ハレヨン→5&6"

 /14  DREAM BOYS

 /15  Perfume FES!! 2015 三人祭

10月

 /16  TVアニメ「おそ松さんスペシャル上映イベント

11月

 /21  ハンガー・ゲーム FINAL 初日舞台挨拶

 /29  MADOGATARI <物語>トークステージ

12月

 /5   SOUND THEATRE × 夏目友人帳 昼の部

 /5   SOUND THEATRE × 夏目友人帳 夜の部

 /26  ジャニーズワールド2015-2016 昼の部

 /26  TVアニメ「電波教師スペシャルイベント