然りとて無謀\(^o^)/

オタクだけど旅行も好き。でもお金はない。オタクだから…。ゆる鉄・貧乏旅行の備忘録です。

旧中央本線の廃トンネル(長野県塩尻市)

撮影:2017年5月上旬

木曽路巡りの最後に立ち寄ったのがこの廃トンネルです。

中央本線 藪原駅奈良井駅間の旧線で、鳥居峠を貫くトンネル。wikiによると1969年(昭和44年)まで使用されていたとのことでした。

内部もかなりレンガが崩れていたため、さすがに奥へ進むのは憚られましたが…

ちなみにこれらは、奈良井駅側(塩尻市側)の写真です。
現在の国道19号線のトンネルの出口のすぐ脇に、ひっそりと佇んでいらっしゃいました。

那智の滝(和歌山県那智勝浦町)


撮影:2017年3月上旬


ついに念願だった那智の滝へ行ってきました。

子供の頃、東急ハンズのポストカード売り場でその存在を知って、それからずーっと恋焦がれていたこの滝。
今回18きっぷ鳥取へ行く計画を思いついたとき、せっかく関西へ行くなら那智の滝も見たいなと(佐倉さんの脳内では鳥取和歌山県もみんな関西)あまりにも軽率に決めたため行程に苦労しましたが…

だけどそんな苦労もひとしお、この圧倒的な存在感!!

(もうちょっと水量あれば良かったとか全然思ってないんだから)

以前、長野県の米子大瀑布へ行ったときも思ったのですが、落差のある滝は水が風にそよぐように揺れるのが美しいですね。

せっかくなので熊野古道の雰囲気も載せておきます。

わたしは滝に到着するまでにはできるだけ苦労をしたいドM人間なので、往路は徒歩で登りました。
那智駅から写真を撮りながらのんびり歩いて2時間30分ほど。駅を出てしばらくは一般道ですが、途中から本格的な山道に入り終盤は写真のような石畳が続きます。

この石畳を見ると、ザ・熊野古道って感じしますよね!!

余談ですが、最後にお参りした熊野那智大社

こちらで、当落が間近に控えていた映画(黒子のバスケ)の初日舞台挨拶の当選祈願をしたところ、当選祭りでした。那智のパワーおそるべし。

そんなわけで、お礼参りに伺わねばと思っております。

工場夜景(神奈川県川崎市)

冬の醍醐味と言えば夜景撮影。と、誰かが言ってたいた気がします。
イルミネーションやライトアップスポットも増えますし、空気が澄んでいるので夜景が綺麗に撮れるということでしょうか。

ご多分に漏れず、わたしも夜景を撮りに行くのにはまっております。それもただの夜景ではございません。

工場夜景でございます

こちらが先日撮影した川崎の工場。工場の無骨な雰囲気、たまりません……!

濃紺の空にたなびく蒸気とか、時折響き渡るボイラーの音とか…
これまじ何時間でもいられる!!

こういう何気ないパイプとかも画になるから不思議。
その上、日没から数時間しかこの美しさを眺めることができないって有限感がまた胸を熱くさせますよね。

工場夜景、この冬のマイブームでした。



今回撮影したのはこの辺りです

都営地下鉄500円きっぷで遊んできた

季節ごとに期間限定で発売される都営地下鉄ワンデーパス。大人500円、小児250円で都営地下鉄が1日乗り放題になるきっぷです(東京メトロには乗れません)。

わたしはこれまでに数回このきっぷを購入していますが、いずれも地下鉄での移動が多い日に少しでも得をするために使っていただけで、意図してこのきっぷで遊びに出たのは今回が初めてです。

さて、今回は友人のN氏とまずは都営大江戸線月島駅で待ち合わせをしました。もちろんもんじゃを食べるためです。

今回使用した都営地下鉄ワンデーパスを含む地下鉄の一日乗車券は、沿線の様々施設でお得なサービスが受けられます。

例えば入館料が割引になったり、豪華(?)特典がもらえたり……。

月島のもんじゃストリートも例にもれず、提携店50店舗以上で10%オフの特典が得られるのです!
オーダーの時に乗車券を見せるだけでOKなので、ぜひ試してみてくださいね!

こうしてもんじゃ屋を2件ハシゴし、デザートにもうちょい炭水化物食べたくね?……ってことでメロンパンを購入。

次の目的地は清澄白河です。

清澄白河は、元々はこれといった特長のない下町だったようですが、最近ではオシャレなカフェの街として注目されていますよね!

しかし、オシャレとは無縁な私たちが訪れたのは言わずと知れた清澄庭園。前述のきっぷを提示して、ここでも入園料が150→120円になる特典を受けられました。

ゆったりとした時間が流れる中、日本庭園の静かな雰囲気を味わいつつリラックス……。
しかし、実はこの日、東京は記録的な大寒波に襲われたその日であり、あまり長居をすることもできず早々に庭園を後にするのでした。

気を取り直して次に向かったのは、同じく清澄白河にある深川江戸資料館。
ここは江戸時代の深川の街を再現した体験型の展示が魅力で、この日も老若男女で賑わっていました。

確かにこれは圧巻…!!!

八百屋や米屋、旅籠などなど江戸の長屋が見事に再現されていて、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのよう!

そして年甲斐もなくままごと遊びに興じる22歳。

ちなみに、ここでも入館料の割引が適応され、通常400円のところを300円で入館させてもらいました。恐るべきワンデーパス!

すっかりはしゃいで小腹が空いたところで、我々は上野御徒町へと移動し、わたしの大好きな和菓子屋、つる瀬さんでぜんざいを頂きました。
わたしはお土産に、銘菓ふく梅も購入!

こうして本日最後のイベント、スケートをしにとしまえんへ向かいます。
到着した頃にはいい感じに日も落ちて、近年力を入れているというイルミネーションも綺麗に見ることができました。

さてさて!
ただでさえお得な都営地下鉄ワンデーパスですが、この他にももっとたくさんの特典がありますので、気になった方は『ちかとく』サイトやアプリをのぞいてみてください。

http://chikatoku.enjoytokyo.jp/phones/

なお、これらの特典は都営地下鉄ワンデーパスだけでなく、東京メトロ東京地下鉄の様々な一日乗車券で同様に受けることができます。

東京を観光するには断然お得なきっぷですので、ぜひ有効活用してくださいね!

うたプリフライヤーの後日談

先日、フライヤー欲しさに滋賀まで行ったあの企画の後日談です。とりあえず、どん!

最終的に8枚集まりました。

まずは初日に滋賀で入手した来栖翔くん。
同日に京都で入手した聖川真斗くん。
東京へ戻ったその足で入手した一十木音也くん。
講義を終えて、夕方横浜で入手した神宮寺レンくん。
そして翌日、実家のある長野で入手した月宮林檎ちゃん。

長野のアニメイトへは、アニメに興味のない友人を引き連れて行ったので、余分にもらったフライヤーをTwitterで一ノ瀬トキヤくん、カミュ様、四ノ宮那月くんに交換してもらいました。

おそらく、世間一般の方から見たらすごーく無駄な努力なんでしょうが、結構頑張ったと思います。

ちなみに、音也くんと林檎先生のポスターはこんな感じ。


いや、ちょっと、
長野駅貼り方雑でしょ。

京都や東京がきちんとケース(?)に入っていただけに、思いっきり画鋲刺してあって笑ってしまいました。
これが長野クオリティだよね。

以上、例のアレの後日談でした。

京都浪漫(うたプリに釣られて)

行きも帰りも夜行を使って、無泊三日で京都に行ってきました。急だったのと登校日があったのとで泣く泣くとった措置ですが、

すんごく疲れました。

どうやら私はバスだと眠れない人間らしく、往路も帰路も一睡もできませんでした。

ともかく朝の6時頃に京都駅八条口に到着し、まずは昨年同様清水寺へ。……というかこの時間て清水くらいしか開いてないんですよね。だから毎回朝イチで清水行って奥の院から写真撮って逆光……ていう流れになるんです。しかしこの時間の清水はガッラガラですよ。観光地とは思えません。

それから季節を完全に間違えていますが、哲学の道を歩いて銀閣へ行きました。何気に初・銀閣です。

こちらも開園直後ということもあって、本日最初の観光客な上に貸切状態でした。いやしかし、銀閣最高ですね。趣だとか情緒だとかそんなものを語れるほど生きてはいませんが、少なくとも金閣よりは遥かに素敵です。どうしてもっと早くここへ来ていなかったんでしょう。

しばらく銀閣で心を浄化し、お次は下鴨神社へ。この付近の出町柳は森見作品の舞台としてお馴染みですね。今季だとたまこまーけっとの商店街も、ここがモデルになっていました。下鴨神社とその周りを囲む糺ノ森は本当に気持ちの良い所ですがさすがにこの季節は肌寒かったです。

ここで一旦京都を離脱して、滋賀は草津アニメイトへ!今回の旅の目的でもある来栖翔くんのフライヤーをお迎えに行ってきました。

概要を掻い摘んでお話しますと、シャイニング事務所が『Hello! JAPAN』と称して、所属アイドルの出身地の駅(全国13ヶ所!)にオリジナルポスターを掲載する企画を打ち出したんですね。さらに出身各地近隣のアニメイトでは、その地域限定のフライヤーがもらえるという、たったそれだけの企画です。

わたしの推しメン()の翔ちゃんは名古屋出身なので、お隣の滋賀県アニメイトでも彼のフライヤーがもらえるのです。

ただの紙切れの為にこんなとこまで来るなんて我ながらアホらしいとは思いますが、わたしはこの衝動を抑える術を知りませんでした。オタクだから(ドヤ顔)。

ともあれアニメイト草津店さんにて、無事に翔ちゃんのフライヤーをもらえました。
(フライヤーだけもらうのは心苦しかったので、お買い物もしましたヨ)

一応これで旅の目的は果たしたので、京都へ戻ります。

ちなみに、STA☆RISHのメンバーのダム様こと聖川真斗くんは京都の出身なので、京都駅にはオリジナルポスターが掲載されていました!

(ちゃっかり市内のアニメイトでダム様のフライヤーも入手したことは言うまでもありません)

さてさて。お次はこちらも人生初の上賀茂神社です。よくTVで見る有名な門……を見たかったのですが、まさかの改装中。
……というか完全に時期が悪かったですね。実は清水寺下鴨神社も改装中でした。

それからバスに揺られて毎度お馴染み壬生寺へ。いやあ、まさかとは思いましたがここも改装中でした(笑)
ここまで来るともうネタですね。壬生は毎回来てるから良いんですけどね。で、ちゃんと光縁寺でお墓参りもして帰って来ました。

そうそう、最後に伏見稲荷にも行ったんです。今回は時間も遅かったので上までは行きませんでしたが、人が全然いない夜の千本鳥居もステキでした。

さすがに夜一人で上まで行く勇気はないので、いつか友人N氏あたりを連れて行ってみたいです。

……と、そんな感じでまんまとうたプリにホイホイされたがための弾丸ツアーでしたが、ぼっちなりに凄く楽しんで来れました。やっぱり京都大好きです。京都住みたいよ京都。

そういえば、京都では来週から花灯籠という路地のライトアップイベントが開催されるそうで、街中で素敵なポスターをたくさん見かけました。

毎年この時期に開催されているようなので、いつかタイミングを合わせて訪れてみたいなと思います。